やすこ嬢(谷町秘密倶楽部):大阪でも指折りのアナル調教の達人

『ドライオーガズム』というのをご存じでしょうか?

男性がアナルに指・おもちゃ等を入れられて前立腺を刺激されることで到達する射精を伴わないオーガズムなのですが、この快感は普通のセックスの10倍以上に及びます。

但し、これに達するには、それなりの時間をかけた『アナル開発』を受けることが必要で、このアナル開発には相当の知識・経験・テクニックが必要です。

そしてこれを書いている現在、大阪で屈指のアナル開発人と自信をもって断言できるのが、今回ご紹介する谷町秘密倶楽部のやすこ嬢です(ちなみに私は、やすこ嬢にアナル開発していただきました)。

谷町秘密倶楽部について

谷町秘密倶楽部は、大阪で(まもなく九州の中州にも支店が出来るそうですが…)広くM性感店を展開する『秘密倶楽部グループ』の1店舗です。

「脱がない(女性はトップレスまで)・舐めない(フェラも本番も無し)・触らせない(男性は受け身で女性へのタッチ等無し)」という女性優位の勤務条件で集められた美しい女性たちが、フェザータッチ・言葉攻め・手コキで男性を攻めてくれます。

また、前述のアナル開発も追加料金なしでお願い出来て、SM倶楽部の様に乱暴にガシガシされるわけではないので、アナルに興味のある初心者の方にもおすすめです。

住所は、大阪市中央区高津1-9-8で、最寄り駅は大阪メトロ堺筋線・千日前線の『日本橋』駅になります。

料金は結構ややこしいので、下のリンクからご確認ください。

⇒ 谷町秘密倶楽部オフィシャルホームページ(料金・アクセス)へ

やすこ嬢がレジェンドな点

谷町秘密倶楽部では、人気順に嬢がランク分けされているのですが、やすこ嬢は上から4番目のランクに当たる『特優』になっています。

この点で「え?レジェンドなの?」と思われる方が多いかと思いますが、とにかく、とにかく『アナル開発』が巧みです。

アナルはデリケートな器官なので、生半可な知識でいじったりすると、筋肉が切れてしまって人工肛門のお世話になる必要が生じてしまったりもします。

また、ドライオーガズムに達するためには、その過程(いずれ記事に書きますが、相当な時間をかけて開発をしてもらう必要があります)を熟知して丁寧に行う必要が有ります。

更に言うと、ドライオーガズムという深いオーガズムに到達するには、開発者(女性)と被開発者(男性)が信頼関係で結ばれ、被開発者(男性)は女性に心を開ききる必要が有ります。

やすこ嬢は、上記に必要な知識・経験・テクニックと、深い母性を兼ね備えた、大阪屈指のアナル調教の達人なのです。

やすこ嬢のルックス・プレイスタイル

やすこ嬢のルックス・プレイスタイル等ですが、まず年齢・スリーサイズ等は公式ホームページ(やすこ嬢の紹介ページ)で36歳・T.155/B.82(D)/W.57/H.88となっています。

年齢に関しては…ちょっとサバを読んでいて40手前かな?と思われます(この点、系列店の難波秘密倶楽部は実年齢表記ですが、谷町は多少の誤差は許されるようです)。但し、いわゆる美人OL系の『きれいなお姉さん』でおばさん臭さは有りません。

スタイルに関しては、概ねホームページ表記の通りで、スレンダーな美人さんで、お尻のきれいさがたまりません。顔に関しては、ホームページの写真から想像できるイメージと差は無いと思います。

プレイに関しては、お店のコンセプトに忠実にフェラや本番(秘密倶楽部では『脱線プレイ』と呼ばれます)は有りませんが、その分思いっきりいやらし~く密着型で攻めてくれます。

あと、聖水プレイは大好きなようで本人もノリノリで対応していただけます。そして、前記のとおりアナル開発は達人クラスです。

やすこ嬢のまとめ

アナル開発(される方)に関しては、私も本当に苦労をして、何人もの嬢にお世話になりました。

その結果見えてきたのが、自己PRや日記で『アナルマイスター』を称している方が達人というわけではなく、本当の達人は謙虚に存在しているという事です(このことが逆に達人を探しにくくしている訳ですが…)。

この中で、自分の足で探して見つけたアナル開発の達人が、やすこ嬢でした。そんなわけで、アナル開発・ドライオーガズムに興味をお持ちの方には、絶対的に推薦させていただきたいです。

尚、アナルに興味のない方でも、『エロくて知的なOLさんに攻められる快感』に興味がある方なら、入ってみて損は無いです。からっからになるまで搾り取られますよ!(笑)

最後に

風俗嬢はいつかは『卒業』するもので、チャンスを逃してはレジェンド嬢に入る機会を失ってしまいます。このレポートを読んで「これは!」と思った方は、是非是非電話予約を試みてください!

それでは、今日はこの辺で!

 

 



※ブログランキングに参加しています。よろしければクリックしていただければ幸いです。



コメントを残す