セックス上達の最短距離(セックス・スーパーサイヤ人への道)

私はアラフィフのおっさんなのですが、30代の半ばから嫁とセックスレスになったのを機に、色んなセックス教材を購入しては風俗で試すという事を繰り返してきました。

書籍・DVD・情報商材などなどで、軽自動車が一台買えるくらいのお金を使いましたし、風俗で溶かしたお金を積み上げると…ああ、考えたくない(笑)。

で、まあ、そこまですればそれなりのノウハウなども出来上がるもので、40代半ばくらいには自分のセックスに一応の自信が持てるようなレベルに到達しました。

そんな経験を踏まえて、セックス上達のための最短距離を考えてみました。

対象として念頭に置いているのは、セックスに自信のない30代後半~40代前半男子(風俗等に一定のお金を落とせる方)ですが、もちろんエッセンスはどのような年代の方にも有効です。

0.まずはセックスを体験

まず童貞の方は、さっさと童貞を切ってしまいましょう。話はそれからです。

まあ、一応童卒というのは記念すべきものなので、きれいなお姉さんとゆっくり出来る高級ソープがお勧めです(予算は6万円程度)。

関西圏ですと、雄琴の高級ソープがゴム付きの分きれいな女性が揃っているので、お勧めですね。

具体には、フォーナイン倶楽部プルプルプレミアムアマンクロス辺りで選んでいただけると外れも無いと思います。

1.Ⅿ性感でセックスで大切なことを全て体験

ここからが実践的な内容ですが、個人的にⅯ性感はセックスの基礎力を付けるのに最高の場と思っています。

まず、フェザータッチで全身をじっくり焦らしながら愛撫されることで、スローセックス的な心地良さが体感出来ますし、女性に対してどのように愛撫をすればいいのかも良く分かります。

次に、アナルに指等を入れられることで、自分の身体の中に異物を入れられる恐怖感・身体の内部のデリケートさを体感できますので、女性の膣の愛撫(いわゆる指マン)等を行う際の心構えが出来ます。

更に、アナル開発を受けてドライオーガズム(過去記事:ドライオーガズム超入門参照)に達する経験を経れば、その過程がそのまま女性のGスポット開発に援用できます。

以上のように、女性型のセックスの快感・性感の開発過程を余すところなく体感できるわけですから、M性感に5回程度通えば、セックスの基礎力はばっちり出来上がっていると思ってOKです。

2.アダム徳永の書籍等で上記を整理

M性感で女性的なセックスを体感したところで、これを別の角度から自分の中に落とし込んでいくと更に応用が利くようになります。

それにはアダム徳永氏の以下の書籍がお勧めです(他にも色々出ていますが、正直中身はあまり変わりません)。


スローセックス実践入門――真実の愛を育むために

尚、アダム氏の本はかなりマニュアル的で、これを書籍等のみでマスターするのは不可能に近いものですが、「エッセンスだけ分かればよい」という位の気持ちで読まれればOKです。

3.大衆ソープでスローセックスを実践

ここまででインプット一辺倒だったわけですが、やはり実践も重要なので、この辺りでスローセックスの実地演習をしてみましょう。

お店選びですが、もちろん高級店でも良いですが、あまりここでお金を使うのもアレなので、大衆ソープで良いと思います。

但し、スローセックスには時間が必要ですので、90分程度の時間は確保してください。

最初っから嬢に「セックスの練習をしているので、マット無し・ベッドで」と言っておけば、色々アドバイスもしてもらいつつ効果的な実践が出来ますよ。

尚、実践してみても、今の段階ではぎこちなさを感じたり、女性に逝っていただくことが出来なかったりで、気持ちは中折れしてしまうと思います。

ただ、そんなに最初っからうまくいくものではないので、それが当然だと思ってください。

※ここでの実践は1回でOKです。お金に余力が有れば次に回しましょう。

4.クンニをマスターする

大衆ソープの実践で、おそらくは『歯がゆさ』を感じられたと思います。

その原因はスローセックスをしても女性に逝っていただけない点が大きいです(女性を逝かせるのは、男のロマンですからね!)。

ここを乗り越えるのに一番手っ取り早いのは、過去記事(非本番系風俗嬢とセックスするための6STEP)にも書きましたがクンニをマスターすることです。

今回はもう少し踏み込んで書きますと、女性器周辺の性感ポイントは、クリトリス・Gスポット・ポルチオの3か所がありますが、

  • 開発しやすさは、クリトリス>Gスポット>ポルチオ
  • 快感の大きさは、クリトリス<Gスポット<ポルチオ

の順となります。

そして、大きなオーガズム(Gスポット以降)に行くためには、小さなオーガズムに達しておく方が圧倒的に有利です。

この中で、将来的にはクリトリス→Gスポット→ポルチオとオーガズムを高めていくセックスが出来るようになるのが理想なわけですが、まずは第一歩を踏み出せなければ話になりません。

ただ、幸いなことに、クリトリス性感については、ほとんどの女性はオナニー等で開発済ですし、開発未了であっても容易に開発できます。

そして、そのクリトリスを刺激するのに最も効果的なのがクンニですので、セックス上手になるには、まずはクンニのマスターという事になるのです。

マスターするための教材ですが、過去記事でも書いた通りクンニクマン氏の『オンライン・クンニ道場』が圧倒的にお勧めです。

やはり動画教材は分かりやすいですし、この種の教材は1万円~2万円が相場の中で5千円弱で購入できるのも魅力的です。

こちらの教材を見てイメージトレーニングを行いつつ、ヘルス等(もちろんソープでも可です)で3回程実践を行えば、女性が逝く姿をリアルに見ることが出来るようになるでしょう。

ちなみに、リアルに逝く女性の姿を一度見れば、以降演技かどうかも判別できるようになります。それくらいリアル逝きする女性の姿はなまめかしいです。

また、クンニで逝っていただくと、そのあとの空気感が物凄くエロくなって、「次の段階へ…」みたいな方向性に流れやすくなります。

私が非本番系風俗店の嬢と本番できたのも、ほぼほぼこの流れからです。

4.Gスポット開発をマスターする

クンニで逝っていただけるようになりさえすれば、相手の女性はあなたとのセックスに満足してくれるようになります(セックスで逝かせてくれる人は意外に少ないですから)。

しかし、出来る事なら更なるオーガズム(意識が飛んでしばらく動けないレベル)に誘ってあげたいというのが本音だと思います。

それにはGスポット開発をマスターすることが一番効果的です。

これについては、今のところ以下の書籍が一番わかりやすいと思います…実は私が書いたんですが(笑)。


詳解Gスポット開発: 潮吹きでは無く中イキを!Gスポットの本質に迫るGスポット開発の教科書

所謂kindle本で、1,250円の定価が付いていますが、kindleアンリミティッド対象になっていますので、読み放題会員の方は無料で読んでいただけますので是非!

尚、書籍中にも書きましたが、Gスポットで逝くには『開発』が必要で、開発未了の女性も多いので、「初見の女性をGスポット・オーガズムに!」というのはほぼ不可能と思ってください。

ただ、Gスポットのオーガズムはクリトリスオーガズムとけた違いですし、そこへ導けた男性の満足度も同じく桁違いになります。

男のたしなみとして、是非是非身に着けて頂ければと思います。

5.特定女性とやりこむ

以上で、あなたは十分セックスの達人レベルになっているはずです。

そのテクニックを活かして、色んな女性と他流試合を重ねるのも良いと思いますが、「これは!」と思う女性が見つかった際には、その女性ととにかくやりこんでみるのも重要です。

セックスというのは、もちろんテクニックによって快感が引き起こされる部分もある訳ですが、上位のレベルになっていけばなっていくほど魂の交わりの部分が大きくなってきます。

私見ですが、一番大きなオーガズムであるポルチオのレベルになると、お互いの心が解放された状態にならないと到達しませんし、逆にお互いが溶け合うような気持ちになれれば、勝手にポルチオで逝ってしまいます(極論挿入してればペニスはポルチオに当たってるので)。

こういう境地に達するには、やはり特定の女性ととことんやりこむのが一番です。

今までに身に着けたテクニックを踏まえ、逆にそれを忘れる位2人での営みにのめり込んで、お互いを解放していけば、感動すら覚える快感に震える日がきっと来ますよ!

この記事のまとめ

この記事では、私の考えるセックス上達の最短コースを解説しました。

極論、問題意識をもってⅯ性感に行くだけでもあなたのセックスは大きく変わると思います。

そして、女性をオーガズムに導くテクニックを身に着けると、今まで以上にセックスが楽しくなりますし、自分に自信が持てるようになります。

この記事を読んでいただいたのも何かのご縁だと思います。是非是非記事を活用いただき、セックス・スーパーサイヤ人を目指していただければと存じます。

 

お勧め記事等



※ブログランキングに参加しています。よろしければクリックしていただければ幸いです。



コメントを残す