安藤 聖嬢(ブカチョハイパー):バランスの良さはピカイチ!必ず満足させてくれるオールラウンドプレーヤー

※この記事は外部ライターさんによる寄稿記事です。

みなさんは風俗嬢に何を求めますか?

ルックス、スタイル、人柄、プレイテクニック…。色々あると思いますが、私は「バランスの良さ」を一番に求めています。

もちろん、その時々の気分によって「ルックスのいい女の子とイチャイチャしたい」とか、「今日は思い切り攻めたい気分だからドMな女の子と遊びたい」といった特定のスペックやサービスを求めて風俗嬢を選ぶこともあります。

しかし、お店を出て帰途についたあともずっと満足感を味わい続けられるのは、じつは「バランスの良い嬢」と遊んだときだと、これまでの風俗経験の中で気づいたのです。

今回ご紹介するレジェンド嬢は、大阪・西中島の『ブカチョハイパー』でとくに古くからの常連客のあいだで秘かに人気の高い、安藤 聖(あんどう ひじり)さんです。

何かひとつ突出したところがあるわけではないのですが、とにかくあらゆる面でバランスの良い嬢で、いわゆるオールラウンドプレーヤーという感じです。

そういうタイプの嬢のことを、私は個人的に「ユーティリティー(万能型)嬢」と呼んでいます。

ブカチョハイパーについて

『ブカチョハイパー』はOLフェチ系のホテルヘルスで、嬢は全員スーツを着用しており、イメージプレイを堪能できるようになっています。

パンスト破りが無料オプションとして付いてくるだけでなく、〝ぶっかけプレイ〟という、この店独自のサービスも用意されています。

嬢にスーツを着せたままプレイし、最後はスーツの上にぶっかけてもOKというもの。OLフェチ、スーツフェチの男性にはたまらないサービス内容となっています。
※ぶっかけプレイをする際は、嬢は通常のスーツからぶっかけ用のスーツに着替えます。

じつは私は20年近く前からこの店にお世話になっていて、今でも変わらず贔屓にしています。

当時は『部長課長』という店名で、常連客のあいだでは〝ブカチョーさん〟と呼ばれていました。今から10年ほど前に店名を『ブカチョハイパー』に改め(進化したということでしょうか?)現在に至っています。

職場や街中で見かけるスーツ姿の女性にあらぬ妄想を抱きながらムラムラしている男性は、是非いちど『ブカチョハイパー』の公式サイトを覗いてみてください!

⇒ブカチョハイパーの公式サイト

安藤 聖さんがレジェンドな理由

今回ご紹介する安藤聖さんは、じつはこの店が『ブカチョハイパー』としてリニューアルした当初から在籍している10年選手で、現在、ブカチョの黄金時代を知るただ一人の嬢なのです。

入れ替わりの激しいこの業界で10年も在籍し続けているというのは極めて珍しいことで、その点だけでもじゅうぶんレジェンドと呼ぶに値するのではないでしょうか。

プロフィール欄の年齢が当時のままなのはご愛嬌ということで、あえてツッコミを入れるのはよそうと思いますが(笑)、同じくバランスの良いサービスも変わらず当時のままなのは、彼女の素晴らしいところだと思います。

「バランスの良い嬢」である安藤聖さんですが、サイトの口コミや各種掲示板の書き込みを見ても、彼女の評価はほぼ◎です。

マイナス評価や誹謗中傷もなければ、基盤蟻だとかNN嬢といったウワサも聞きません。多くの男性客が口をそろえて言うのが「礼儀正しい」や「フェラがすごく上手」といった評価です。

では、実際に彼女のどういったところに男性客は満足するのか、次の項目で詳しく見ていきましょう。

安藤 聖さんのルックス/プレイスタイル

公式サイトによると、身長とスリーサイズはT158/90(E)/59/89となっています。10年くらい前に初めて会ったときの彼女はほぼプロフィール通りだったと思います。

現在は年齢的にも肉付きがよくなり、ウエストとヒップは少し大きくなった感じがしますが、決して太ったという印象はなく、スタイルのいい女性であることに変わりはありません。

尚、彼女のアピールポイントでもある90㎝Eカップの美巨乳は今も健在で、実物を見たら、その大きさと形のよさに惚れ惚れすること間違いなしです。

ルックスは特徴のある顔立ちではありませんが、美人の部類に入るとは思います。

私個人の独断と偏見で言わせてもらうと、どことなく少女時代のテヨンに似ているような気がします(笑)。詳しくは安藤聖さんのプロフィールページをご覧になってください。

ランキング嬢ではないものの、常連客のあいだで根強い支持を得ている安藤聖さん。

実際のプレイではフェラチオが上手だという評価をよく見かけますが、決してそれだけではありません。

素股も上手ですし、リップサービスでも気持ちよくしてもらえます。彼女には苦手なプレイというものがないのかもしれません。

また、礼儀正しいところも彼女の良さのひとつです。言葉遣いが丁寧で、物腰も柔らかです。

しかし、決して口数の少ない大人しいタイプというわけではなく、会話が弾めば本当の恋人同士のように打ち解けてもくれます。

私が初めて彼女とお遊びしたとき、すごく印象に残ったことが2つありました。

1つは、フェラチオをしながら時折「あぁ~ん」と艶めかしい声を漏らしてくれたこと。

フェラチオそのもののテクニック加えて、彼女の声による〝演出〟が相乗効果となり、すごく気持ちよくて、フィニッシュしてしまいそうになるのを必死にこらえていたのを覚えています。

もうひとつは、プレイ前後のシャワーの際、彼女がすごく丁寧に体を洗ってくれたことです。

私の肌の上でボディーソープを泡立てながら彼女が嬉しそうな表情を浮かべていたことが、すごく印象深かったです。

この子はこの仕事が好きなんだろうなぁと、それを見ながら私は思ってしまいました。

安藤 聖という風俗嬢

安藤聖という風俗嬢に対して、何か個性的なものを求めるのはお門違いかもしれません。

彼女に求めるべきは「バランスの良さ」です。バランスの良いサービスを受ければ、ほとんどの男性客は満足して帰途につくことができると思います。

格式高いレストランなどでは、客にサービスと感じさせないことが最高のサービスである、と考えるそうです。これは、すべての点でバランスよくサービスが行き届いているという意味だと思います。風俗においても、あるていど同じ考え方ができるかもしれません。

もちろん、いくらバランスが良くても、1つ1つのサービスのレベルが低かったり、拙いものだったら満足などできないでしょう。その点、安藤聖さんは安心です。テクニックもじゅうぶんですし、気配りもしっかりしています。

プレイ面では柔軟性もあり、攻め派/受け派どちらにも上手く対応してくれます。感度も抜群です。「めっちゃ濡れますよ!」と店員さんにすすめられて彼女を指名したのが最初でしたが、その言葉に嘘偽りはありませんでした。

そうそう、ひとつ思い出しました。

初めて彼女と遊んだとき、いったんホテルの部屋に入ったあと、またすぐに彼女が出て行ってしまったことがあったのです。

どうしたのかな?と思っていると、彼女が紙コップを持って戻ってきました。廊下にあったドリンクバーで飲み物を入れて持ってきてくれたのです。

そんなことまでしてくれるのかと驚き、彼女に対して好印象を抱きました。同じ店の他の女の子は誰もそんなことしてくれませんでしたよ(笑)。

そんな安藤聖さんに、もしよかったら、いちど会いに行ってみてください。

最後に

風俗嬢はいつかは『卒業』するもので、チャンスを逃してはレジェンド嬢に入る機会を失ってしまいます。このレポートを読んで「これは!」と思った方は、是非是非電話予約を試みてください!

それでは、今日はこの辺で!

 



※ブログランキングに参加しています。よろしければクリックしていただければ幸いです。



コメントを残す