ここあ嬢(DIANA・手コキ研究所):絵にかいたような黒ギャルM性感嬢

思いっきりビッチな黒ギャルお好きですか?

私は、一度だけデリヘルでお相手頂いたことが有るのですが、「和風好み」なので好みの対極なんですね…

ただ、掲示板とかを読んでいると、黒ギャル系も根強い人気があるようで、卒業して相当経つのに「あの子はどこへ行った」系の書き込みが行われていたりします。

で、先だって、難波秘密倶楽部の退店嬢を探すのに、あちこちのM性感店を見てますと、絵にかいたような黒ギャル系の女性を見つけました。

それが今回ご紹介するここあ嬢(黒やからココア?)です。

DIANAと手コキ研究所

いつもはここで、在籍店の紹介をするのですが…今回のここあ嬢はちょっと珍しくて、DIANA手コキ研究所の2店に在籍しています。

DIANA

こちらは比較的ストレートなM性感店ですね。いわゆる「脱がない・舐めない・触らせない」タイプ(もちろんフェラ・素股・本番無し)ですが、聖水無料なのは聖水好きには嬉しいところです。

受付店舗の位置も明確にしていない、デリヘルタイプのお店ですが、谷町9丁目・日本橋・四つ橋線難波が待ち合わせ場所に指定されています。

料金は、こちらの公式ホームページ(料金ページ)でご確認ください。

手コキ研究所

こちらはちょっと変わったコンセプトで、基本はM性感ですが、『時間いっぱいの寸止め手コキ』を売りにしています(ちょっと面白そう)。

で、ホームページもオシャレで、ドメインも『tekoki-labo.com』と何気にカッコ良いです。

プレイ内容的には、プレイ時間によって基本プレイが変わるほか、オプションも有りますが、こちらも「脱がない・舐めない・触らせない」タイプ(もちろんフェラ・素股・本番無し)で、ソフト系なイメージです。

こちらも受付店舗の明示の無い派遣型ですが、待ち合わせ場所から谷町9丁目に本拠を構えているようです。

⇒テコキ研究所のHPへ

ここあ嬢がレジェンドな点

金髪・ド派手メイク・ダイナマイトボディの黒ギャル!これに尽きるでしょう(笑)。

本当に絵にかいたような黒ギャルで、私だと待ち合わせ⇒ホテルに入るまでの間の友人・知人に会ったらどうしよう…て思いますが、好きな人にはたまらないのではないでしょうか?

因みに彼女はツイッター(@kur0nbogal)をやっていて、記事を追っていくと「フランクな性格なんだろうな~」ということが分かりますし、プレイ内容も垣間見えます。

気になった方は、一度チェックしてみてください。

ここあ嬢のルックス・プレイスタイル等

両店のプロフを統合しますと(笑)、33歳でT160 ・ 90 (F) ・ 59 ・ 88でした(双方で矛盾は有りませんでした)。

写メ日記とかをみても、上記から大きく外れることは無さそうです、

ルックスに関しては、上記のツイッターやDIANAのここあ嬢個人ページにそこそこしっかり写ってるので、それを参照してください。

手コキ研究所のここあ嬢個人ページも、写メ日記とかあるのでよろしければ。

プレイスタイルについては、ツイッターを追っていくと、尿道プレイ(もちろん男性が入れられる方)とかもお好きとのことですし、聖水プレイもお好きなようで、激し目にⅯ男を攻めるタイプのようです。

また、口コミを追っていきますと、前立腺責めや寸止めのテクニックとかも上手なようです。黒ギャルに見えて(って黒ギャルですが)なかなかに研究熱心な側面もお持ちのようです。

因みにご本人のツイッターでは、

の使い分けが推奨されていましたので、ご参考まで。

ここあ嬢まとめ

もしかしたらデリヘル系ならそこそこ居るかもしれませんが、少なくともSM・Ⅿ性感系のお店では黒ギャル系の女性は、私の知る限り希少です(痴女・女王様と黒ギャルって、方向性違いますしね~)。

また、少しタイプの異なる2店に在籍しているのも、ユーザー側からすると有難いですよね!

ツイッターを見ておりますと、親しみやすくてサービス精神も旺盛なようですので、「これは!」と思った方は、チャレンジしてみては如何でしょうか。

最後に

風俗嬢はいつかは『卒業』するもので、チャンスを逃してはレジェンド嬢に入る機会を失ってしまいます。このレポートを読んで「これは!」と思った方は、是非是非電話予約を試みてください!

それでは、今日はこの辺で!

 



※ブログランキングに参加しています。よろしければクリックしていただければ幸いです。



コメントを残す