あなたが甘くねだるまで 書評:M性感マニア必読!

私はツイッターもやってるのですが、その中でとあるⅯ性感嬢さんが絶賛している漫画がありました。

「そこまで言うなら…」と、先ほど購入してみたのですが、これがなかなかに素晴らしい!一気に既出分の10巻を読み切ってしまいました(笑)。

という事で、今回はその漫画の書評を書いてみたいと思います。

作者のディビ氏について

先ほどのⅯ性感嬢様が推薦していたのは、作者のディビ氏です。

アマゾンで調べたところ、可愛い感じの青年未満(合法ショタみたいな感じといえば分かりますでしょうか?合法ロリの逆番です)な男性を、エロい女性がアナル開発や射精管理で調教する系の漫画を多く書いているようです。

画風はいわゆる同人誌系で、アラフィフのおっさんには最初多少抵抗が有りましたが、巧みな展開とM性感色の強い内容に、おっさんはしっかり引き込まれました(笑)。

あなたが甘くねだるまで

で、ディビ氏の作品をいくつか購入してみたのですが、私的に一番いい感じだったのが『あなたが甘くねだるまで』という作品でした。


⇒あなたが甘くねだるまで(1巻)をアマゾンで見る

内容的には、清楚系の女子大生である主人公(白坂雪)が、合法ショタな彼氏(桃園春)とラブホに行った際に、酔っぱらった勢いで拘束・寸止めプレイをしてしまい、これをきっかけに彼氏の調教に目覚めてしまうというものです。

今のところ10巻まで出ていて、結局全部購入してしまったのですが、彼氏はその後、

  • 首輪を付けられて、全身フェザータッチ愛撫で性感を刺激されたり
  • 主人公の友人が務めるハプバーでみんなの前で拘束されたり
  • セックスの際に寸止め調教されてしまったり
  • ついには射精管理を始められたり

と、どんどんM男に落ちていきます。おそらく間もなくアナル開発もスタートするのではないかと思います。

で、この彼氏がどんどんMの快楽に落ちていく描写や、主人公がどんどん痴女の快楽にはまっていくところとか物凄くエロに描写されていて、M男心が擽られます。

また、興奮がピークになった際に、心の中でつぶやく「排卵しちゃう」ってセリフも、ツボにはまってしまいました。

もともとM男な性癖はあるものの、最近割とノーマルプレイをメインにしていたんですが、この作品を読んでいると久々にⅯ男に戻ってみたいな…て思いました(笑)。

あなたが甘くねだるまで まとめ

ということで『あなたが甘くねだるまで』、Ⅿ性感大好きなⅯ男君はもちろん、Ⅿ性感に興味のあるⅯ男君にも大々的に推薦させていただきます。

この本を読んで興奮できるようなら、あなたにはⅯ男の素質があるので、早速日程調整をして難波秘密倶楽部に駆け込みましょう!(笑)

尚、Ⅿ男といっても、『リアルSMなM男』ではなく、『M性感プレイでのM男』です。

リアルSMなM男属性があるかどうかは、沼正三氏の名作『家畜人ヤプー』を読めばチェックできますので、この『あなたが甘くねだるまで』を読んで気に入った方は、家畜人ヤプーも読んでみて、自分のM男としての資質をチェックしてみるのも良いと思いますね!

 



※ブログランキングに参加しています。よろしければクリックしていただければ幸いです。



コメントを残す